メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 対応急ぐスポーツ界 プロ野球OP戦無観客

記者会見で、新型コロナウイルス拡大への対策を説明する斉藤惇・日本野球機構コミッショナー=東京都港区で2020年2月26日、北山夏帆撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本野球機構(NPB)とプロ野球12球団は26日、東京都内で緊急の代表者会議を開き、オープン戦は次回開催日の29日から3月15日までの残り72試合全てを無観客で実施することを決めた。NPBによると、無観客試合実施はオープン戦、公式戦を通じて史上初めて。これに伴い、3月8日に広島県福山市で予定されていた広島と西武のオープン戦は中止が発表された。2軍の春季教育リーグも全試合を無観客で行う。

 安倍晋三首相が大規模なスポーツや文化イベントなどを2週間、中止、延期するよう求めたことなどから、NPBと12球団は全会一致でオープン戦の無観客を決定した。会議後、斉藤惇コミッショナーは「ファンには申し訳ないが苦渋の決断をした」と話した。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです