メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

挑戦 和歌山市・川本浩子(看護師・48歳)

 毎年2月になると思い出すことがある。といっても、学生時代の甘い手作りチョコではなく、看護師国家試験のことである。

 長く准看護師をしてきた私は、思い切って正看護師の資格を取ろうと決意した。結婚、出産、子育てと経験して、気がつけば40代半ば。「今さら何で? お金もいるのに」「すごい。絶対にチャレンジするべきだ」。周りは賛否両論。准看護学校で勉強したのは10代のとき。今さら勉強は過酷だろうと覚悟していたが、想像以上だった。

 正看護師の受験資格を得るため、通信教育で勉強することにした。通信教育といっても、指定日には学校に行き、授業もある。一方で職場の病院はフルタイム。事情を話すと、私の挑戦を快く応援してくれた。

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに130人以上感染 累計1000人超え 新型コロナ

  2. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  3. 「要請」なのに罰則? ドイツから帰国した研究者が日本の「水際対策」に感じた違和感

  4. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  5. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです