メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自粛要請日に秋葉首相補佐官が政治資金パーティー 地元の宮城で

政府が大規模イベントの自粛を呼び掛けた26日に地元で政治資金パーティーを開いていたことについて、記者団の質問に答える秋葉賢也首相補佐官(中央)=首相官邸で2020年2月27日午後7時37分、川田雅浩撮影

 秋葉賢也首相補佐官(衆院宮城2区)は27日、政府が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて大規模なイベントの自粛を呼びかけた26日に、地元の宮城県内で政治資金パーティーを開催したことを明らかにした。26日は政府の要請を受けてアーティストのライブなど各種イベントが相次いで中止されており、政府の一員として足並みの乱れが露呈した。

 秋葉氏は首相官邸で記者団に「首相が自粛を要請したのは26日午後で、私のパーティーは夕方だった。物理的に中止は難しかった」と説明した。当初予定よりも規模を縮小、時間も短縮し、アルコール消毒液を会場に置いて予防の対応を取ったという。「宮城県を含め東北6県は感染者が出ておらず、リスクも低いと予想された」として、問題ないとの認識を示した。

この記事は有料記事です。

残り88文字(全文417文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  3. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  4. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

  5. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです