メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ トランプ氏、不安払拭へ自賛 「ワクチン早期できる」 専門家見解と相違

トランプ米大統領=AP

 トランプ米大統領は26日、ホワイトハウスで記者会見し、新型コロナウイルスについて「米国民への感染リスクは依然低い」と述べる一方、「米国内で感染が拡大したとしても我々は準備ができている」と強調した。株価の続落を受け、国内経済や社会活動への影響を最小限に食い止めたい狙いとみられる。だが、トランプ氏の発言には専門家の見解との食い違いもみられ、不安払拭(ふっしょく)につながるかは不透明だ。

 トランプ氏は「早期段階からの対応が効果を上げている」と自賛。例年のインフルエンザによる死者・患者に比べ、コロナウイルス感染者は「はるかに少ない」と強調した。

 米疾病対策センター(CDC)は25日、国内での感染拡大は避けられないとの見解を示しているが、トランプ氏は会見で「不可避とは思わない」と発言。また、新型コロナウイルスのワクチンを「かなり早期に開発できる」と述べた。

 だが、同席した国立衛生研究所の担当者は「最短で1年から1年半かかる」と訂正した。

大統領選へ経済影響懸念

 11月の大統領選での再選に向け好調な景気をアピールしてきたトランプ氏としては、経済への影…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文704文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに5759人の感染確認 重症者972人、14日連続で過去最多

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  4. 菅首相、異例のステイホーム 就任後初めて宿舎から外出せず

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです