メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

新型コロナウイルス感染症対策本部会議で3月2日から春休みまで全国の小学校、中学校、高校、特別支援学校に休校を要請することを表明した安倍晋三首相=首相官邸で2020年2月27日午後6時29分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は27日、首相官邸で開いた政府の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、全国全ての小学校、中学校、高校、特別支援学校に対し、3月2日から春休みまで臨時休校とするよう要請すると表明した。政府はこの1、2週間が感染拡大防止の「正念場」とみている。この取り組みを強化し、子供たちへの感染拡大を防ぐため、全国的な休校に踏み切った。

 首相は「早期に収束させるためには、徹底した対策を講じるべきだ」と述べたうえで、「多くの子供たちや教員が日常的に長時間集まることによる感染リスクにあらかじめ備える」と説明した。また、入学試験や卒業式などの実施については「感染防止のための措置を講じたり、必要最小限の人数に限って開催したりするなど万全の対応を取っていただくようお願いする」と呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文1036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです