メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎「治療薬」に課題 国が期待でも「量に限り」「強い副作用」

国立感染症研究所が分離した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=同研究所提供

 新型コロナウイルスによる肺炎治療のため、国が期待を寄せている薬に課題が浮上している。国内で未承認の薬のため使用できる量に限りがあったり、強い副作用があったりするためだ。

 治療薬として期待されているのは、富士フイルム富山化学(東京)が開発した新型インフルエンザ治療薬「アビガン」と、米ギリアド・サイエンシズ社が開発中のエボラ出血熱治療薬「レムデシビル」だ。アビガンは条件付きですでに承認。レムデシビルは未承認だが、国立国際医療研究センター…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  3. 核禁止条約、批准50番目はホンジュラス 国連創設75周年の節目に

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです