メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

モンゴルが入国制限 サッカーW杯アジア2次予選、日本戦開催できるか

公益財団法人日本サッカー協会(JFA)や公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)、日本サッカーミュージアムが入る日本サッカー協会ビル(JFAハウス)=東京都文京区で、本橋和夫撮影

 3月31日にモンゴルで予定されているサッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選のモンゴル―日本戦が開催できるか不透明な状況となっている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、モンゴルが日本からの入国制限を決めたためだ。アジア各国で感染が広がっていることから、アジア・サッカー連盟(AFC)は3月2日に東地区の協会などがマレーシアに集まり、緊急の会議を開いて日程変更などを協議する。

 モンゴル政府は2月26日に国家非常事態特別委員会を開き、28日から当面の間、過去14日以内に日本、韓国、イタリアに滞在歴のある外国人の入国禁止を決定した。

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホンダ熊本が8強入り決める JR東日本は打線が沈黙 都市対抗

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 競馬ジャパンカップ アーモンドアイが有終の美 引退レースで最強証明

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです