メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

女優・原田美枝子さん 支えてくれた90歳母に主演デビューの贈り物

「この映画は全てのお母さんたちにささげるつもりで作りました。ぜひ見てください」=東京都渋谷区で2020年1月30日、藤井太郎撮影

 「デビュー作には全てが詰まっている」と言ったのは誰だったろう。芸歴45年を超えた彼女の場合、さながらそれは名匠・家城巳代治(いえきみよじ)監督の遺作となった「恋は緑の風の中」(1974年)になる。ビー・ジーズのテーマ曲とマーク・レスターの美少年ぶりが話題をさらった「小さな恋のメロディ」(71年)を想起させる、少年少女の性の目覚めを描いた甘酸っぱい青春映画である。

 草原を駆けながら大胆に肢体をさらし、公開当時は評判を呼んだものの、その後長らく上映されなかった。昨春ようやくDVD化されたので見てみると、アリスの軽快な曲が流れるオープニングで、少女時代の古い写真が挿入されていた。母親のお手製らしいワンピース姿で、はにかんで見える表情の向こう側から、温かな家族の声援が聞こえてきそうな一コマであった。

この記事は有料記事です。

残り1297文字(全文1648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです