メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小林一三日記にみる戦争

/上 1945年3月14日、B29大阪来襲 えん戦気分を危惧 /大阪

3月14日未明、大阪の中心部は米軍機の激しい焼夷弾爆撃を受けた。

 今年は敗戦から75年。阪急電鉄の創業者である小林一三は、第二次世界大戦末期の米軍の空襲について、日記に克明に記録していた。阪神地区の空襲を被災者の立場から詳細に書き記した日記は珍しく、当時、貴族院議員でもあった小林は一般市民が入手しにくい情報にも接している。その記述から戦禍の跡を2回に分けてたどってみたい。【松本泉】

この記事は有料記事です。

残り1040文字(全文1200文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  2. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 官僚も憤る電通「中抜き」の構図 源流にあの「官邸官僚」と民主党時代の決定

  5. 「香港は“1国1制度”に。とても悲しい」 民主派・周庭さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです