連載

ともに歩む

毎日新聞デジタルの「ともに歩む」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

ともに歩む

障害者福祉をこえて 仕事介し信頼関係築く /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
商品の集荷に訪れた福祉施設「つわぶき授産工場」=和歌山市和田で
商品の集荷に訪れた福祉施設「つわぶき授産工場」=和歌山市和田で

 「こんにちは、小久保の宮内でーす!」

 “ひょうきんもの”を地でいく私がひときわ明るくあいさつするのは、内職作業の依頼と集荷に福祉施設を訪れる時です。

 株式会社小久保工業所(海南市、代表・小久保好章)は、地域に根差した家庭用品メーカーです。キッチン用品、洗濯用品などの便利な日用品がテレビや新聞などでよく紹介され、日本全国のみならず海外でも人気が高まっています。日本製に力を入れているので、地元のマンパワーはなくてはなりません。そんな会社で、私はさまざまなところに加工をお願いしたり、出来上がった商品を引き取ったりする外回りの仕事をしています。

 福祉施設も大事な依頼先のひとつです。福祉施設とのやりとりで大切なのは、やはり日々のコミュニケーションで信頼関係を作ることです。私は施設利用者といつもニコニコ笑顔で接するように心掛けています。また搬入・搬出時は「お願いします」「ありがとう」と声を掛けます。簡単なようですが、忙しい作業中や夏の暑いときは意外と苦労するものです。

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文1070文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集