メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滑床渓谷・森の国ロッジ 水をテーマに新装 広島の業者運営で来月20日 /愛媛

水際のロッジ外観イメージ=サン・クレア提供

 宇和島市と松野町にまたがる足摺宇和海国立公園・滑床渓谷内の「森の国ホテル・ロッジ」を同町から譲り受けた広島県福山市のホテル運営会社「サン・クレア」(細羽雅之社長)は同町と記者会見を開き、「森の国ロッジ」を「四万十川源流、森の国『水際のロッジ』」と改称して3月20日に開業すると発表した。森の国ホテルは2020年度内のオープンを目指す。

 自然の中で気ままにくつろいでもらえるように「水のように、気ままにはしゃぐ。」をロッジのコンセプトに据えた。客室は計10室用意されるといい、これまで和室だった4部屋をすべて洋室に改修。町内の80%以上が森林という特色を生かし、農業や野菜の収穫体験ができるプランを設定した。

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. 埼玉で新たに34人感染確認 新型コロナ

  4. 俳優・榊原徹士さんコロナ感染 山本裕典さんらと同じ舞台に出演

  5. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです