メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被災地跡に活気再び 南阿蘇村、外国人向け専門学校誘致へ 22年度の開設目指す /熊本

外国人専門学校の誘致が進められている村所有の施設

100~150人規模でITと観光学科を

 2016年の熊本地震で東海大阿蘇キャンパス(農学部)が被災するまでは学生街として栄えていた熊本県南阿蘇村黒川地区の再生に向け、村が外国人留学生用の専門学校の誘致を進めている。近くの栃木(とちのき)地区で22年度の開設を目指す。また若者を呼び込みかつての活気を取り戻したい考えだ。

 熊本地震前の黒川地区は下宿・アパートが約60棟並び約800人の学生が過ごしていた。しかし地震で下宿が倒壊し同大の学生らが命を落とすなど甚大な被害を受けた。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです