特集

日米地位協定

在日米軍に対する特別待遇を定め、さまざまな問題を生む元凶ともされる日米地位協定。見直しを求める声が広がっています。

特集一覧

特権を問う

地位協定60年 身柄勾留で密約 米軍優遇、浮き彫り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米軍関係者の刑事裁判手続きを巡る主な動き
米軍関係者の刑事裁判手続きを巡る主な動き

 日米地位協定を巡る新たな密約の存在を示唆する米公文書が発見された。密約といえば、日本が「重要な事件以外は裁判権を行使しない」と述べた裁判権放棄密約(1953年)が広く知られているが、裁判権を行使する場合でも米軍関係者に特権を与えていたことになる。今年で発効から60年の節目を迎える地位協定が、密約も含めて米軍関係者を優遇してきた仕組みが改めて浮き彫りになった。

この記事は有料記事です。

残り2935文字(全文3116文字)

【日米地位協定】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集