特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

記者の目

東京一極集中にあらがう 地方から挑戦、武器は独自性=若狭毅(長岡支局)

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
小千谷織物同業協同組合の新作発表会。織物作家たちは伝統のうえに「冒険」を重ねる=東京・日本橋で2019年12月13日、若狭毅撮影
小千谷織物同業協同組合の新作発表会。織物作家たちは伝統のうえに「冒険」を重ねる=東京・日本橋で2019年12月13日、若狭毅撮影

 12年前のこと。人事異動で2年間勤務した盛岡支局を離れるとき、私は当欄に「やりがいの実体、豊かな暮らしとは」(2008年4月11日)を書いた。東日本大震災が起きる約3年前のことだ。ふるさと岩手を離れる若者が増えていた。盛岡市で暮らした体験を基に、地方で暮らす豊かさを語った。そう言いつつ、自分は東京へ帰っていった。今また、2年暮らした新潟県を出て、東京圏に戻ろうとしている。「もっとここで仕事をしたい」と思っているのは、岩手のときと同じ。違うのは、新潟にとどまる方策を真剣に考えていることだ。

この記事は有料記事です。

残り1822文字(全文2069文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集