メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

週明けの大暴落=インターネットイニシアティブ会長・鈴木幸一

鈴木幸一 インターネットイニシアティブ社長

 週明けのニューヨーク株式市場で、ダウ工業株30種平均が2日間で2000ドル近く暴落した。新型コロナウイルスの感染が収束するどころか、経済に大きな打撃を与え始めている事態を反映したとされる。

 発生源の中国の状況はますます深刻化しているようだが、感染は世界に急速に広がりつつある。「IT機器の入荷がこれ以上遅れると、期末に売り上げと利益が集中しているわが社の年度決算は大変なことになる」というのは、日本のIT系の大手企業である。グローバルなサプライチェーンの時代に中国の生産が止まる事態になれば、世界経済に大打撃を与えることは言うまでもない。

 「私は70年以上も生きているけれど、インフルエンザにかかったことがない」と余計な自慢をすると、「かかったことがないのではなくて、風邪の症状がでても医者に行かなかっただけ。単なる不養生、なにより周囲の人にうつすはた迷惑な人ですよ」。そんな言葉が返ってくる。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  2. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  3. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

  4. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  5. こんにちは、赤ちゃんチーター 兵庫・姫路セントラルパークで一般公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです