メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男の気持ち

思い出は映画館に 東大阪市・田中智(自営業・62歳)

 わが町から映画館がなくなると知ったのは、毎日新聞大阪版の記事でした。今月末で昭和8(1933)年の創業から87年の歴史に幕を閉じるとのこと。若い頃から何度も足を運んだものでした。

 閉館を前に、87年間にちなみ87本の名作を上映する「さよなら上映会」を開催していることを知り、いてもたってもいられず、1本の映画を選んで出かけました。タイトルは「卒業」。これまで何度もテレビやDVDで見ましたが、映画館で見ておきたかったのです。

 ファーストシーンで流れる音楽が、サイモン&ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」。この曲を聴くと思い出すのが、兄のことです。年の離れた兄は、私が中学1年のとき、社会人1年生。その年のクリスマスプレゼントにと、初めてのボーナスで「サイモン&ガーファンクル 2枚組BOXセット」のレコードを買ってきてくれました。跳び上がって喜んだ記憶が鮮やかによみがえってきました。

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 青葉容疑者 生死さまようも体調回復で「勾留耐えうる」 会話も可能に

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 新たに感染30人確認、国内計1万7336人 11人亡くなり死者は876人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです