参院プロジェクトチームが車いすでバリアフリー予定場所視察、改修の必要性を体感

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
車いすに乗って参院の正面玄関を視察する参院バリアフリー化推進PTの議員ら=国会内で2020年2月27日午後4時48分、長谷川直亮撮影
車いすに乗って参院の正面玄関を視察する参院バリアフリー化推進PTの議員ら=国会内で2020年2月27日午後4時48分、長谷川直亮撮影

 参院の与野党会派でつくる「バリアフリー化推進プロジェクトチーム(PT)」は27日、来年度にバリアフリー化される国会内の整備予定箇所を視察した。メンバーが実際に車いすに乗り、スロープが新設される本会議場などを移動して改修の必要性を体感した。

 参院は、昨年7月の参院選で重い身体障害のある、れいわ新選組の舩後靖彦、木…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文394文字)

あわせて読みたい

注目の特集