メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危険な病原体扱う施設改修や「アビガン」臨床研究に25億円 政府の新型コロナ対策

国立感染症研究所が分離した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=同研究所提供

 政府は、新型コロナウイルスの対策として25億円を追加して投入する方針を決めた。危険な病原体を解析できる「バイオセーフティーレベル(BSL)3」の施設を全国数カ所で改修するほか、新型インフルエンザ治療薬「アビガン」の臨床研究を進める費用に充てる。ゲノム医療に使う予定だった予算を緊急的に転用する。

 これまでに迅速な検査キットや治療薬、ワ…

この記事は有料記事です。

残り50文字(全文218文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. 三浦半島や横浜で相次ぐ異臭騒ぎ、発生源は? 深まる謎

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです