メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ最多66人の北海道は集団感染も 知事「思い切った対策」外出自粛に踏み込む

北海道感染症危機管理対策本部で「緊急事態宣言」をする鈴木直道北海道知事(右)=札幌市中央区の道庁で2020年2月28日午後5時49分、竹内幹撮影

 北海道の鈴木直道知事は28日、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、道民に29日、3月1日の週末は外出の自粛を求める「緊急事態宣言」を発表した。法的拘束力はないが、道民約530万人の外出自粛にまで踏み込む異例の事態となった。

 鈴木知事は、都道府県別の感染者が最多の66人にまで増え拡大に歯止めがかからないことを重大視。さらに、北見市で開かれた展示会に参加した、約300キロ離れた札幌市の男性を含む6人がウイルス検査で…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  2. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  3. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 新型コロナ 通夜や葬儀への参列で集団感染 松山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです