首相、国民・玉木氏と異例の電話協議 経済対策の必要性で一致 新型コロナ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国民民主党の玉木雄一郎代表
国民民主党の玉木雄一郎代表

 安倍晋三首相は28日、国民民主党の玉木雄一郎代表と新型コロナウイルスの対応について電話で協議した。野党党首と国会で対立する政権幹部が電話で協議するのは異例で、玉木氏は一斉休校の問題点を伝えたほか、緊急経済対策の必要性を指摘。首相も理解を示したという。

 玉木氏によると、全国一斉休校要請で児童の面倒をみる親の…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文386文字)

あわせて読みたい

注目の特集