メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋葉首相補佐官「肩書で注目されるのはどうか」「今日パーティーしている議員はいる」

政府が大規模イベントの自粛を呼び掛けた26日に地元で政治資金パーティーを開いていたことについて、記者団の質問に答える秋葉賢也首相補佐官(中央)=首相官邸で2020年2月27日午後7時37分、川田雅浩撮影

 秋葉賢也首相補佐官(衆院宮城2区)は、新型コロナウイルス感染拡大を受けて政府が大規模なイベントの自粛を呼びかけた26日当日に、地元の宮城県内で政治資金パーティーを開催した。パーティーは立食形式だった。秋葉氏は27日、首相官邸で記者団に対し「今日もパーティーをやっている議員はいる」などとしたうえで、「PCR検査(遺伝子検査)の件数を調べた上でトータルで判断した」「他の国会議員以上にリスク管理していた」などと強調。「私が補佐官という肩書だから、私だけ着目されるのはどうかなと思う」とも語った。記者から「問題なかったという認識でいいか」と問われると、「おっしゃる意味が分からない。『問題なかった』という意味が」と開き直り、問題はなかったとの認識を示した。記者団との主なやり取りは以下の通り。

 秋葉氏 首相が国民に対して3月15日まで自粛要請したのは昨日(26日)の午後。私のパーティーは夕方に予定されていたため、物理的に中止という選択肢はなかなか難しかった。

 首相の午後の表明がなくても、危機管理をしていく立場にいるので、当然、延期も事務所含めて検討した。しかし、幸いなことに宮城県も含めて東北6県とも、感染者が出てない。これから出るリスクもあるので、6県でやっているPCR検査の需要を踏まえたら、能力に対してほとんど大きな実績がなかった。これから起こるリスクについても極めて低いということが予想されたので、例年よりも規模を半分に縮小して、時間も1時間強で切…

この記事は有料記事です。

残り1945文字(全文2574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 特集ワイド 次なる脅威は「病院閉鎖」 コロナで一般患者減、経営悪化 日本医師会・横倉義武会長

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです