世界株安の連鎖やまず 東証一時1030円下落 日本経済傷深く 個人消費減、震災上回るか

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大幅な下げ幅を記録した日経平均株価を示すモニター=東京都千代田区で2020年2月28日午後3時17分、藤井達也撮影
大幅な下げ幅を記録した日経平均株価を示すモニター=東京都千代田区で2020年2月28日午後3時17分、藤井達也撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、世界同時株安の連鎖が続いている。東京株式市場の日経平均株価は28日、一時前日終値に比べ1030円下落。世界経済の悪化懸念に加え、外出の手控えによる個人消費の落ち込みも不安視されている。日本経済は先行きへの懸念が急速に強まっており、政府は追加経済対策の検討に着手した。

この記事は有料記事です。

残り2331文字(全文2483文字)

あわせて読みたい

注目の特集