メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ側死者、2月50人超 報復「把握しうる全拠点に」 シリア・アサド政権軍攻撃

シリア・イドリブ県

 内戦が続くシリアの反体制派最後の拠点となっている北西部イドリブ県で27日、アサド政権軍が反体制派を支援するトルコ軍部隊を攻撃し、トルコ当局によると兵士33人が死亡した。2月に入って戦闘が激化してからトルコ側の死者は50人以上に上っており、今回の犠牲者数は最悪。報復の連鎖が懸念され、緊迫の度合いが一気に高まる危険性がある。

 トルコのエルドアン大統領は27日夜から28日未明、緊急治安会議を開き、アサド政権に対する報復を決定した。トルコの国営アナトリア通信によると、アカル国防相は200カ所以上のシリア政府拠点を攻撃し、政権軍兵士309人を「無力化した」と強調したが、実際の攻撃規模は不明。

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  4. 再びの緊急事態宣言 「春までもつか…」客数9割減、膨らむ借金 苦境の居酒屋

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです