オーストラリアの森林火災は「気候変動の証し」生態学者マーク・グラハム氏が訴える脱石炭

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
豪ニューサウスウェールズ州に拠点を置く自然保護協議会のマーク・グラハム氏=本人提供
豪ニューサウスウェールズ州に拠点を置く自然保護協議会のマーク・グラハム氏=本人提供

 過去最悪と言われるオーストラリアの森林火災は昨年からの記録的な高温や乾燥が一因とされ、気候変動の影響が指摘されている。最も被害の大きかった豪東部ニューサウスウェールズ州に拠点を置く環境保護団体「自然保護協議会」に所属する生態学者、マーク・グラハム氏が毎日新聞に寄稿し、気候変動対策の強化などを呼びかけた。 

この記事は有料記事です。

残り1649文字(全文1803文字)

あわせて読みたい

注目の特集