メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

トイレットペーパーやティッシュなどの紙製品が店頭からなくなった「下川薬局さくらまち店」=熊本市中央区桜町で2020年2月27日午後6時58分、清水晃平撮影

 熊本県内の小売店でトイレットペーパーの買い占めが相次いでいる。「新型肺炎の影響でトイレットペーパーがなくなる」といった情報がツイッターなどで拡散したためとみられるが、製紙業界団体はその情報を「デマ」と否定。ただ、買い占め現象は全国で熊本だけとみられ、業界団体などは「なぜ」と首をかしげている。

 熊本市中央区の「下川薬局さくらまち店」では27日夕からトイレットペーパーやティッシュペーパーを買い求める客が突然増え、約1時間で売り切れた。西村友孝(とものり)副店長(45)は「マスクは供給が止まっているが、トイレットペーパーはそんなことないのに」と目を丸くするばかりだ。

 ツイッターには「アルコール、マスク品薄に続き『今後はトイレットペーパーの不足が予測されている』とのことです」といった書き込みや、商品がなくなった店の写真の投稿が相次いだ。その一方で「トイレットペーパー品薄はデマ。だまされないで」と呼びかけるコメントも多数投稿されている。

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文1056文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  2. 自粛解禁ムードに警鐘 子どもや若者犠牲の恐れも 新型コロナ専門家会議提言

  3. 新型コロナ 外出規制でDV被害悪化の恐れ フランスでは通報3割増

  4. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  5. ホームから線路に車が転落 岐阜・JR高山線那加駅

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです