メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文科省、臨時休校の要請を通知 児童生徒「自宅で過ごすこと」求める 新型肺炎

文部科学省=東京都千代田区で、長谷川直亮撮影

 文部科学省は28日、全国の小学校、中学校、高校、特別支援学校を3月2日から春休みまで臨時休校とすることを要請する通知を自治体に出した。春休みを含めると約1カ月にわたる全国一斉の臨時休校を求める通知は初めて。臨時休校中の家庭学習の方法については、28日中にも具体的な事例を示す通知を出す。

 通知は、児童生徒の行動について「人の集まる場所への外出を避け、基本的に自宅で過ごす」ことを求め、今後、関係省庁と連携し、塾やゲームセンター、テーマパークなどに協力を要請する。

 部活動に関して、文科省の矢野和彦審議官は「通知で示していないが、一般的に教室での学習をやめるので、当然、自粛していただくということだ」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ペットの犬が新型コロナ陽性 国内初、別世帯の2匹 健康状態に異常なし

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです