音楽教室で演奏の著作権使用料めぐる訴訟 JASRACが勝訴 東京地裁

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京地裁=米田堅持撮影
東京地裁=米田堅持撮影

 「ヤマハ音楽教室」をはじめ、音楽教室を運営する全国約250の個人・企業・団体が、日本音楽著作権協会(JASRAC)を相手取り、音楽教室で演奏される曲の著作権使用料を徴収できないことの確認を求めた訴訟で、東京地裁(佐藤達文裁判長)は28日、音楽教室側の請求を棄却し、JASRAC勝訴の判決を言い渡した。

 JASRACは、作曲家らから楽曲の著作権の管理を委託され、楽曲の使用料を集めて分配する一般社団法人。2003年以降、使用料についてヤマハなどの音楽教室側に協議を申し入れていたが合意が得られず、17年2月に徴収する方針を公表した。年額支払いの場合は、年間受講料収入の2・5%を使用料とするとした。

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文483文字)

あわせて読みたい

ニュース特集