メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

トイレットペーパーが買い占められたドラッグストアの棚=佐賀市で2020年2月28日、関東晋慈撮影

 小売店でトイレットペーパーやティッシュペーパーの買い占めが相次いでいる。27日は熊本県内の店頭から商品が姿を消し、28日は佐賀県や鹿児島県など各地で同様の買い占めがみられた。「新型肺炎の影響でトイレットペーパーがなくなる」というデマ情報が出回ったためとみられ、製紙業界団体は「在庫はある」として冷静な対応を呼びかけている。

 佐賀市内のドラッグストアでは28日午前10時の開店前に約100人が行列をつくった。開店と同時にトイレットペーパーに加えてティッシュペーパーも次々と売れていき、店側は急きょ「家族1個限り」と張り紙をして対応に追われた。

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

  2. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  3. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

  4. 百田氏も「なんやねん」 布製マスク配布に右派も反発?

  5. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです