卒業式まで過ごしたかった…新型コロナ休校で突然の「最後の日」 転校する友と別れ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
週明けからの一斉休校が決まり、卒業前に持ち帰る教材や学用品をあわただしく片付ける6年生児童=北九州市小倉北区の西小倉小で2020年2月28日午後0時17分、上入来尚撮影
週明けからの一斉休校が決まり、卒業前に持ち帰る教材や学用品をあわただしく片付ける6年生児童=北九州市小倉北区の西小倉小で2020年2月28日午後0時17分、上入来尚撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で全国の多くの小中高校が来月2日から休校することになり、28日が突然の「学年最後の日」となった。今春に転校を予定している友人との別れを迎えたクラスなどもあり、児童からは「さみしい」「卒業式までみんなで楽しく過ごしたかった」との声も漏れた。

 北九州市小倉北区の西小倉小の2年生の教室では、今春に転校する同級生に向けたメッセージカードを急きょ作成。児童らは「さみしいけど、これからもがんばってね」…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文528文字)

あわせて読みたい

注目の特集