メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

卒業式まで過ごしたかった…新型コロナ休校で突然の「最後の日」 転校する友と別れ

週明けからの一斉休校が決まり、卒業前に持ち帰る教材や学用品をあわただしく片付ける6年生児童=北九州市小倉北区の西小倉小で2020年2月28日午後0時17分、上入来尚撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で全国の多くの小中高校が来月2日から休校することになり、28日が突然の「学年最後の日」となった。今春に転校を予定している友人との別れを迎えたクラスなどもあり、児童からは「さみしい」「卒業式までみんなで楽しく過ごしたかった」との声も漏れた。

 北九州市小倉北区の西小倉小の2年生の教室では、今春に転校する同級生に向けたメッセージカードを急きょ作成。児童らは「さみしいけど、これからもがんばってね」…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 青森の住宅で61歳女性死亡 頭に殴られたような傷 殺人事件で捜査

  4. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  5. EU外相、米黒人拘束死を「権力の乱用」と非難 デモは欧州に飛び火

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです