京アニ義援金33億円の配分決定 建物にいた役員・社員計70人の遺族・本人へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都アニメーションの放火殺人事件の義援金配分について審議する配分委員会の委員ら=京都市上京区内で2020年2月28日午前11時7分、大川泰弘撮影
京都アニメーションの放火殺人事件の義援金配分について審議する配分委員会の委員ら=京都市上京区内で2020年2月28日午前11時7分、大川泰弘撮影

 京都アニメーションの放火殺人事件で、国内外から寄せられた33億4138万3481円の義援金について、京都府や京都弁護士会など7団体で構成する配分委員会は28日、事件当時、建物にいた役員・社員計70人の遺族や本人への具体的な配分額を決めた。3月末までにそれぞれの口座に振り込む方針。

 配分の対象は、死亡した36人の遺族と33人の負傷者、逃げて負傷は免れたが精神的ショックを受けた1人。①全員一律の見舞金②逸失利益相当分③慰謝料相当分④未成年の子を育てるための手…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文577文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集