メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥飼さん

(12)潜入!「ことり万博」<上>

 牟田口智太郎さん(47) 「ことり万博」主催者(佐賀県唐津市)

 見た目がうさんくさいので「何をやっているかわからない」とよく言われるのですが(笑い)、全国のデパートや催事場で鳥グッズの販売イベントを開くのを仕事にしています。今月1、2の両日、静岡県掛川市の「掛川花鳥園」で行った国内最大級の鳥グッズ販売イベント「ことり万博」も大盛況でした。

 昔付き合っていた彼女が鳥好きだったことに影響を受け、自分でも飼うようになりました。でも、こんなにかわいい鳥たちなのに、一緒にその話をして盛り上がる仲間が周りにぜんぜんいない。犬や猫なら共感してもらいやすいけど、鳥だと反応が微妙なんですよね……。そこでSNSを使って鳥好きの人たちとつながり、全国各地で飲み会を開くようになりました。そのうち「手製の鳥グッズの即売会とかもやりたいよね」などの声も上がっ…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです