おしゃべり、見守り、栄養管理…大規模団地の高齢者支える配食サービス

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
配食サービスのスタッフの斉藤さん(左)から食事を受け取る小池さん=東京都板橋区の高島平団地で2019年12月24日午後1時1分、岡礼子撮影
配食サービスのスタッフの斉藤さん(左)から食事を受け取る小池さん=東京都板橋区の高島平団地で2019年12月24日午後1時1分、岡礼子撮影

 高度成長期に造成された大規模団地で、高齢者世帯の「食」をサポートする民間事業者が、地域の見回り役としての存在感を高めている。住民が自らサービスの担い手を務めるケースもあり、都市部で高齢者が高齢者を支える新しい共助の形が見える。

 1972年に入居が始まった高島平団地(東京都板橋区)。多い時は約4万人が暮らしたマンモス団地も近年は住民が半減し、65歳以上の高齢化率は約40%とされる。「都会の限界集落」と言われることもある。

 ここに2019年10月、飲食店グループ「ワタミ」の配食サービス営業所がオープンした。主な顧客は団地の入居者。近隣の住民が個人事業主として販売を受託し、徒歩や自転車で食事を運ぶ。

この記事は有料記事です。

残り1153文字(全文1454文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集