メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シャラポワは「次に向かっている」 テニス人生支えたトレーナーが語る「妖精」の素顔

シャラポワ選手(右)のトレーニングをする専属トレーナーの中村豊さん=米ロサンゼルスで、長野宏美撮影

 2月に引退表明した女子テニス元世界ランキング1位のマリア・シャラポワ(32)は、波瀾(はらん)万丈のテニス人生を送った。「すべて出し切ったと思う」。元トレーナーの中村豊さん(47)は、その姿を見続けてきた。

 引退表明直後、米フロリダ州に住む中村さんはシャラポワに電話した。「お疲れさま」。そう声を掛けると「アップダウンがあったけど、尽くしてくれてありがとう」と感謝の言葉が返ってきた。

 中村さんは2011年末から約7年間、専属トレーナーを務めた。ひたむきに練習に打ち込む姿。目標だった12年と14年の全仏オープン優勝――。これまでの思いがよみがえり涙声になったが、電話の向こうのシャラポワはしんみりすることなく、「次に向かっている」と感じた。

この記事は有料記事です。

残り1000文字(全文1322文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです