メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

五輪開催判断「期限は5月下旬」 突きつけられた「どう」「誰が」=やくみつる

 日付が26日に変わる直前のニュースで、国際オリンピック委員会(IOC)最古参委員、ディック・パウンド氏の見解が伝えられた。

 東京オリンピック開催是非の判断の期限は引き延ばせて5月下旬――一委員の私見なのだろうが、この発言は重かった。それまで開催の可否に関しては、組織委員会も東京都も政府も、さらに言えばテレビも極力言及を避けているように映っていたが、これで中止という最悪の事態にも備えなければならない状況となった。

 この発言に先立つこと4日、立憲民主党の桜井周衆院議員の「東京五輪・パラリンピックの実施、延期は誰が判断するのか」「延期する場合はいつまでに判断しなければならないのか」との質問主意書に対し、いつもの調子で「仮定の質問であり、お答えすることは差し控えたい」と逃げをうつ閣議決定がなされたが、そうはいかなくなった。後段の質問に対し、いみじくもIOC委員が答えを示してしまったことで、前段の質問も決して「仮…

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文1041文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです