メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 公立校休校 教育現場、混乱広がる 「準備間に合わない」 /新潟

県の対応について説明する稲荷善之教育長(左から2人目)ら県教育委員会などの担当者=新潟県庁で

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、安倍晋三首相が27日夕に突如発表した、3月2日からの公立学校の休校措置。県内の教育委員会は対応に追われた。だが、休校の期間は自治体で足並みがそろったとは言えず、十分な説明もなされないまま。教育現場に混乱が広がった。【井口彩、北村秀徳、露木陽介、内藤陽、板鼻幸雄】

 県教委は政府の方針を受け、県立高校、中等教育学校、特別支援学校について3月2日から一斉に休校にするよう通知した。小中学校は各市町村で判断するが、県の方針を参考にするよう求めた。

この記事は有料記事です。

残り1996文字(全文2237文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  2. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  3. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  4. 「コロナ緊急対策予算」これだけの不要不急 (上)その事業、いま必要? 不要不急な政府「緊急経済対策」の実態 新型コロナ

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです