メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 公立校臨時休校 県民生活に影響大 学校も対応に追われ /岐阜

臨時休校について説明する岐阜市教育委員会の井上博詞学校指導課長(中央)ら=岐阜市役所で

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県教育委員会は28日、県立高校63校を3月2日から臨時休校にすると決めた。岐阜市など33教委は2日から、可児市教委は2日午後から、高山市など8教委は3日からの臨時休校を決めた。全面的な学校休校で、県民の生活に大きな影響が出そうだ。【岡正勝、沼田亮、渡辺隆文、大竹禎之、立松勝】

 岐阜市は2日から、市立学校など全72校を臨時休校する。市立学校に在籍する約3万800人が対象となる。休校期間中に履修できなかった授業については、進級後に繰り越して実施する。

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1046文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. コロナ患者また抜け出し 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです