メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 休校要請、現場に戸惑いと不満 自治体対応、分かれ /三重

 安倍晋三首相が全国の自治体などに全ての小学校、中学校、高校、特別支援学校を3月2日から臨時休校とするように求めたことを受け、県教委や各市町教委の担当者や学校は28日、対応に追われた。県教委は、県立高校と特別支援学校は3月2日から休校にすると決定。一方、小中学校については市町の教育委員会ごとに対応するよう求め、自治体ごとに対応が分かれた。突然の要請に現場は混乱し、不満や戸惑いの声が上がった。【谷口豪】

 県教委は、県立高校について、3月2日から春休みが始まるまでの間、休校にすると発表。多くの高校では、休校開始前日の1日に卒業式を予定していたが、規模を縮小して行う。2日以降の卒業式は中止とする。休校中も教職員は学校に待機しており、進路指導などに対応する。

この記事は有料記事です。

残り1458文字(全文1787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜島が噴火 噴煙5000メートル 昨年11月以来 噴石など注意呼びかけ

  2. ORICON NEWS ホリプロ、舞台『アクタージュ』の今後は「改めてご報告」 原作者が逮捕報道で事実確認中

  3. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  4. 気分は忍者! オニバスの葉に乗る体験会 滋賀の植物公園

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです