メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ちはやふる小倉山杯 白熱トップレベルの戦い 右京 /京都

競技かるたのトップ選手8人が争った「第1回ちはやふる小倉山杯」=京都市右京区の嵯峨嵐山文華館で、諸隈美紗稀撮影

 小倉百人一首の競技かるたで全国トップクラスの選手8人が争う「第1回ちはやふる小倉山杯」(全日本かるた協会主催)が23日、京都市右京区の嵯峨嵐山文華館で開かれた。競技かるたを題材にした人気漫画「ちはやふる」の作者、末次由紀さんが発起人となって設立された「ちはやふる基金」が協賛。基金から賞金が支払われる初の大会となった。

 基金は2019年12月、競技かるたの大会運営などを支援しようと設立された。小倉山杯は、一般の人に競技かるたを広く見てもらおうと同協会などが企画。名人位を19年に初めて獲得し、20年1月に初防衛した粂原圭太郎八段(28)=京都市=ら、19年の成績優秀者8人によるトーナメント戦で競われた。

この記事は有料記事です。

残り118文字(全文422文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 横田滋さん死去 87歳 北朝鮮拉致被害者・めぐみさんの父 家族会元代表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです