メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎休校 小野は当面授業継続 姫路、加古川は2日から /兵庫

危機警戒本部会議であいさつする清元秀泰・姫路市長(中央)。臨時休校などが説明された=同市防災センターで、広田正人撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県や各市町は公立学校の臨時休校を決めた。政府の要請を踏まえた措置で、各自治体は28日朝から対応に追われた。急な動きに保護者からも戸惑いの声が上がった。【春増翔太、広田正人、幸長由子、峰本浩二】

 県は28日午前8時から緊急の警戒本部会議を開き、県立の高校や特別支援学校などを3月3~15日、休校とし、私立校にも同じ対応を求めると決めた。保育園や幼稚園は含まない。井戸敏三知事は記者会見で「政府も『2週間』と言い続けてきた。県内で感染者は1人も確認されておらず、春休みまで続けて休むのは冒険だ」と期間を区切った理由を説明。16日以降は状況をみて判断するとした。3月12日にある県立高校の入試は、予定通り実施する。

 県教育委員会によると、一斉休校は政府による27日の要請まで全く検討していなかった。3月2日は休校にせず、児童や生徒への連絡を徹底する。県教委幹部は「8月の夏休みのようなもので、各家庭で何とかできるのではないか」との見通しを示した。

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1183文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

  3. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  4. 安倍首相1カ月半ぶりに会見 追加質問認めず 広島・平和記念式典後

  5. 首相会見 官邸職員が記者の腕つかむ 朝日新聞社が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです