メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎対策 急な要請に混乱 県内の小中高、2日から順次休校 /奈良

児童に臨時休校中の注意点を説明する教諭=田原本町大木の町立東小学校で、藤原弘撮影

 新型コロナウイルス対策で、県内の小中高校も3月2日以降、順次臨時休校すると決めた。政府からの突然の要請に基づいた措置だが、大切な試験や行事が重なる年度末を控えていただけに、混乱と戸惑いが広がった。

 3月2日から臨時休校する田原本町大木の町立東小学校では28日、「帰りの会」で担任教諭らが児童に休み中の注意点を指導した。人混みを避けて過ごすことなどを挙げ、「時間を有効に使って前向きに過ごしてほしい」と呼びかけた。6年生の児童からは「友達に会えないのは寂しい」「もう少しで卒業なので、最後までしっかり学校に行きたかった」との声が出ていた。

 別の公立小で6年生の担任をする男性教諭は「感染拡大防止のために休校は仕方ないと思うが、もう少し段階的にできなかったのか」と話す。クラスでは28日、児童らが荷物整理に追われ「もう会えない」と涙を流す6年生もいたという。

この記事は有料記事です。

残り1219文字(全文1597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国会前に「石炭だめ」など100足ズラリ 「シューズアクション」 若者が温暖化対策訴え

  2. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  3. かわいさにメロメロ スナネコの赤ちゃん公開 神戸どうぶつ王国

  4. 日本音コン 声楽第2予選 6人が本選進出

  5. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです