メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛鳥少年剣道クラブ 西日本大会優勝報告 飯塚市長に /福岡

 飯塚市の飛鳥少年剣道クラブ(中島健次館長)が9日に八幡東区であった第18回西日本選抜少年剣道大会(北九州市剣道連盟主催)の団体戦・小学生低学年の部で初優勝した。市役所を訪れ、片峯誠市長と西大輔教育長に成果を報告した。

 同クラブは2001年創立。市内の年長児から中3まで30人が潤野児童センターと飯塚小体育館で週5日、稽古(けいこ)に励んでいる。今回は、先鋒(せんぽう)=伊岐須小3年、井上虎太郎(こたろう)さん(9…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです