飛鳥少年剣道クラブ 西日本大会優勝報告 飯塚市長に /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 飯塚市の飛鳥少年剣道クラブ(中島健次館長)が9日に八幡東区であった第18回西日本選抜少年剣道大会(北九州市剣道連盟主催)の団体戦・小学生低学年の部で初優勝した。市役所を訪れ、片峯誠市長と西大輔教育長に成果を報告した。

 同クラブは2001年創立。市内の年長児から中3まで30人が潤野児童センターと飯塚小体育館で週5日、稽古(けいこ)に励んでいる。今回は、先鋒(せんぽう)=伊岐須小3年、井上虎太郎(こたろう)さん(9…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

あわせて読みたい

注目の特集