メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終わらない氷河期

疲弊する現場で/5 僕は「モノを運ぶ車」 51歳 個人配送、明日の保証なく

夕方の休憩を終え、夜の仕事が始まる。荷主や配送先を確認し、出発だ=東京都内で(画像の一部を加工しています)

 パソコンのワンクリックで簡単に商品を注文でき、あらゆるものが宅配される時代。消費者が利便性を享受する一方で、ドライバーの労働環境は厳しい。バブル期に不動産業で高収入を得ていた男性は、その後の「氷河期」で転職を繰り返した末、行き着いた仕事が、個人請負型の配送ドライバーだった。

 「もうどれくらい子どもたちと話していないだろう……」。午後11時、シルバーのワゴン車を運転しながら、近藤啓介さん(51)=仮名、東京都在住=はふと考えたが、最後に話した場面が思い出せない。配送ドライバーとして働き、朝9時ごろから午後3時まで荷物を運び、夕方は体を休め、夜にはまた午後7時から午後11時ごろまで仕事に出る生活を続けて1年になる。1日平均120個くらいの荷物を運ぶ。個人事業主として毎日、スマートフォンのアプリで仕事を取っており、明日の仕事の保証はない。

 札幌市で育った近藤さんは、18歳で地元の建設会社に就職した。バブル景気のまっただ中、1989年、21歳で不動産の営業職に転職する。年収は一気に1000万円を超え、26歳で保育士の女性と結婚。2人の子に恵まれた。

この記事は有料記事です。

残り2483文字(全文2961文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  2. 和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」メンバー感染 クラスター発生か

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです