メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住・LIVING

家電や専門誌充実 楽しみ広がる「おひとりさま」

居酒屋「きんぼし」の人気メニュー「おひとり様プレート」は多種多様な料理が盛り付けられている=東京都千代田区で2020年2月25日、北山夏帆撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 「おひとりさま」向けの家電や外食産業が充実してきた。これまで複数の利用者が想定されていた分野でも、1人の時間を楽しく過ごせる選択肢がたくさんある。独身時代、肩身の狭い思いもした記者が体験してみると、もはや「ひとり=寂しい」ではなかった。

 デートのための情報誌として知られる「東京ウォーカー」の関連雑誌として2017年、「おひとりさま専用Walker」が登場したのは衝撃的だった。毎年クリスマス前に発売して話題を呼んでいる。

 取り上げる飲食店は、1人分の料理を注文できる店ばかり。焼き肉や中華、フレンチなど2人以上での利用が一般的だったジャンルも、実は「おひとりさま歓迎」の店は多い。店への取材を基にお客の「ひとり率」も掲載しており、入りやすさの目安になりそうだ。

この記事は有料記事です。

残り1155文字(全文1503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  4. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  5. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです