メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ対策のカギ「クラスター感染防止」って何? 「芽を摘む」秘策を探る

 新型コロナウイルス感染症対策の政府基本方針には「クラスター(集団)が次のクラスターを生み出すことを防止することが極めて重要」と記されている。「クラスター」は耳慣れない言葉だが、このウイルスの特徴を説明するために使われる機会が増えてきた。人が集まる場所やイベントで患者が急増した例は海外でも報告され、クラスター感染の防止は世界的な対策の鍵になりつつある。厚生労働省は専門の対策班を設置し、自治体と連携して調査・分析に乗り出した。

この記事は有料記事です。

残り2213文字(全文2427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです