カジノ反対、団体発足 3万5千人署名目標 和歌山 /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
IRでのカジノの危険性について講演する鳥畑与一教授=和歌山市南コミュニティセンターで、木村綾撮影
IRでのカジノの危険性について講演する鳥畑与一教授=和歌山市南コミュニティセンターで、木村綾撮影

 カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致に反対する市民団体「ストップ!カジノ和歌山の会」が29日、和歌山市で発足した。南コミュニティセンターで同日開かれた発足集会には、175人が参加。今後は、市の有権者の1割にあたる3万5000人を目標に、カジノ誘致中止を求める署名を集める。

 IRを巡っては、県は観光振興や雇用創出などの効果を狙って和歌山マリーナシティ(和歌山市毛見)に誘致したい方針。一方、反対派の市民らは、県が2019年8月に開…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文545文字)

あわせて読みたい

注目の特集