メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カジノ反対、団体発足 3万5千人署名目標 和歌山 /和歌山

IRでのカジノの危険性について講演する鳥畑与一教授=和歌山市南コミュニティセンターで、木村綾撮影

 カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致に反対する市民団体「ストップ!カジノ和歌山の会」が29日、和歌山市で発足した。南コミュニティセンターで同日開かれた発足集会には、175人が参加。今後は、市の有権者の1割にあたる3万5000人を目標に、カジノ誘致中止を求める署名を集める。

 IRを巡っては、県は観光振興や雇用創出などの効果を狙って和歌山マリーナシティ(和歌山市毛見)に誘致したい方針。一方、反対派の市民らは、県が2019年8月に開…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです