メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ふるさと納税」寄付額・年間 八幡浜、今治両市が最高更新 大阪・泉佐野市など新制度除外の影響か /愛媛

 「ふるさと納税」の納税(寄付)額が各地で増えている。2018年度の県内市町別ランキング1位の八幡浜市、2位の今治市とも、19年度は12月末の時点で年間の最高額を更新した。両市とも3月補正予算に返礼品やポータルサイト委託料などの不足額を計上する。利用件数、額とも全国的に増えていることに加え、豪華返礼品で多額の税を集めた大阪府泉佐野市など4市町が昨年6月からの新制度で除外された影響があるとみられる。【松倉展人】

 19年度のふるさと納税額は12月末の時点で八幡浜市が約6億3500万円。今治市は約5億8000万円。過去最高額は八幡浜約5億1092万円、今治約5億2350万円だった。19年度いっぱいでは、八幡浜が約7億4000万円、今治は約6億4000万円を見込んでいる。

 主な返礼品は八幡浜が柑橘(かんきつ)、今治が今治タオルと柑橘で、返礼品とサイト委託料の支払いのため補正予算として八幡浜が約1億3000万円、今治は約3800万円を3月議会に提案することにしている。

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. 京都縦貫道沓掛IC付近で土砂崩れ 3台巻き込まれ、2人軽傷

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです