メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎防止で休校 学童など対応追われる 居場所確保が課題 /愛媛

 新型コロナウイルスの感染拡大で、県立高校や県内の大半の公立小中学校が4日から休校することになり、学童保育所や子ども食堂などは今、対応に追われている。【遠藤龍】

 ■学童保育所■

 民間学童保育所「こどものおうちプティパ」(松山市居相2)は急きょ、開所時間を変更。通常は放課後だった受け入れを、4日からは長期休暇と同じ午前7時半からに早めた。

 担当者によると、安倍晋三首相が全国の学校に臨時休校を要請した2月27日夜以降、保護者から「日中に預かってもらえるか」との問い合わせが相次いでいる。「子どもの居場所確保のために判断した」と言い、消毒液やマスク着用による感染予防に力を入れながら運営するという。

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです