メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

ウイルス感染拡大 中国が負う過ちの帰結=ビル・エモット 英誌「エコノミスト」元編集長

=東京都千代田区で、渡部直樹撮影

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は、医術から経済や観光、企業の供給網に至るまで多くの疑問を提起した。その答えは、今後数週間から数カ月にわたり、問題がどのように進展するかによって決まるだろう。しかし、一つの重要な問題への答えは、中国湖北省武漢市で2019年12月~20年1月にとられた、新型コロナウイルスへの対処の仕方によって示されている。それは中国政府の性格と本質に関する問題だ。

 この問題は、二つの理由で重要だ。一つ目は、中国政府を理解することが、中国という国が社会的、政治的、経済的にどう機能するかを理解するのに大切だからだ。二つ目は、世界中の民主国家の人々が近年、中国とその統治システムに対し一種の劣等感を抱くようになったからだ。欧米人の多くは、中国は独裁政治がうまくいっているだけでなく、長期間持続できる唯一の国だと結論づけている。

この記事は有料記事です。

残り1362文字(全文1735文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ感染拡大受け 6日に諮問委員会

  4. 安倍首相 緊急事態宣言発令、近く判断 官邸関係者「いつ出てもおかしくない」

  5. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです