メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

米タリバン和平署名 アフガン安定化見えず

和平合意文書に署名する米国のハリルザド・アフガニスタン和平担当特別代表(左)とタリバン代表団を率いるアブドルガニ・バラダル師=カタールの首都ドーハで29日、ロイター

 アフガニスタンの旧支配勢力タリバンと米国が2月29日、和平合意に署名し、「米国史上、最長の戦争」(トランプ米大統領)は終結に向け動き出した。今後はタリバンとアフガン政府など、アフガン人同士の和平協議に焦点が移るが、課題は山積し、戦乱が終息するかはまだ見通せない。【カブール松井聡、コロンビア(米サウスカロライナ州)高本耕太】

この記事は有料記事です。

残り2278文字(全文2441文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです