メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

名もなき生涯 信念貫く人間描く、映画らしい映画

 テレンス・マリックの新作。孤高の芸術家としか呼びようのない映画監督でして、これまで半世紀近くにわたって、映画のしきたりや周りの流行に振り回されることなく、自分が正しいと考える映画表現を追求してきました。

 デビュー作「地獄の逃避行」は若い男女の連続犯罪と逃避行という、「夜の人々」「拳銃魔」、そして「俺たちに明日はない」などいい映画の多いお話ですが、それらの傑作を凌(しの)ぐ第一の出来映(できば)え。見たことのないアメリカ中西部の風景のなかに、そこの土から生えてきたかのように自然な人々を置き、極度に美しいうえに禍々(まがまが)しい映像をつくっていました。次の作品「天国の日々」では人間と自然の組み合わせがさらにふくらみ、語り手の伝える陳腐ともいえるストーリーと、どこまでも型にはまらない人間の姿が際立った対照を示しています。どちらもこれまで見た映画のベスト100に入れたい作品です。

 で、すごい人だと思ったら、そのあと映画作りをお休みして、次の「シン・レッド・ライン」公開は20年後のことでした。それから作品数が増え、「ツリー・オブ・ライフ」をはじめとして評価も高まり、映画史に残る作家としての名声を確立しました。

この記事は有料記事です。

残り1188文字(全文1697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  3. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです